戻るアーティストへ

flamenco ダンサー

Belén López

コルドバ人の母、セビーヤ人の父との間に生まれたベレン・ロペスは、伝統的フラメンコの家庭には属していなかったにもかかわらず、すでに幼いころから踊りの中に彼女独特の足どりが出始めていました。この若きフラメンコダンサーを簡潔に説明することはとても難しいことです。

誕生:タラゴナ、1986年12月生まれ。





学歴:11歳からマドリッドダンス音楽学校に通い始め、その4年後すべての課程を終えました。





経歴:コルドバ人の母、セビーヤ人の父との間に生まれたベレン・ロペスは、伝統的フラメンコの家庭には属していなかったにもかかわらず、すでに幼いころから踊りの中に彼女独特の足どりが出始めていました。この若きフラメンコダンサーを簡潔に説明することはとても難しいことです。



5歳のころ、ディアダ・デ・サント・ルディの間、ベレンは、カルメン・アマヤに捧げるあるバルセロナの道路で行われた開会式で踊りました。彼女のショーは、その当時のバルセロナの市長パスクワル・マラガル氏、有名な“フラメンコダンサー”アーティストのアントニオ・ルイス・ソレーとピラー・ルイスのいる前で行われました。ベレンにとって生演奏で踊ることはこれが始めてとなり、彼女の生涯の“最も貴重な体験”として心に刻まれることとなりました。



7歳のころ、テレビ番組のコンテスト“ブラボ・ブラビシモ”で優勝し、世界的に有名なフラメンコダンサーアンヘル・コレヤと共にマドリッドの劇場で共演を果たしました。1994年12月、コレヤは、UNICEF義援興行のショーに共演するためにベレンを招待し、マドリッドの劇場でコンチャ・ガランによって紹介されました。



9歳にして、初めてロシアのサンクトペテルブルグで行われた国際的観光祭“Inturfest”で、スペイン代表として出演しました。1996年8月、テネリフェにおいてアンドレス・カパロンが主催した特別上演に、名誉ある招待者として出演しました。その数ヶ月後、タラゴナ市役所の要請で、ロシアの観光部の代表者の前で踊りを披露しました。



1997年2月には、再び“Inturfest”のスペイン代表として出演し、また様々な大使館やサンプトペテルブルグの宮殿でも踊りを披露しました。1999年からマドリッドに身を落ち着かせ、様々なタブラオフラメンコで習慣的な形式を用いて職務を果たしました。11歳のころ、マドリッドダンス音楽学校に通い始め、4年間の学業の上、すべての課程を終えました。



2001年から2005年の4年の間、世界で最も大きい野外オペラ劇場、アレナ・ディ・ベロナにおいて、フランコ・セフィレリが指揮するオペラ“カルメン”と“イル・トロバトーレ”の初めてのフラメンコダンサーを務めることになりました。またイル・カンボリオの指揮するグループ、ラ・コラーラ・デ・ラ・ダンサの初代フラメンコダンサーとなりました。これらはイタリア全土で開演されました。2003年4月にはマドリッドのロシア大使館で上演しました。何ヶ月の間、マドリッドのコラル・デ・ラ・モレリアの初代フラメンコダンサーを務めることになり、そこではフアン・アンドレス・マヤと共にショーを行うこともありました。



2004年5月、17歳のとき、フラメンコの国内での賞“マリオ・マヤ”を獲得しました。また2005年3月には、コラル・デ・ラ・パチェカによって、新人アーティストの賞が与えられました。2003年10月3日、マドリッドのサルスエラの劇場で行われた特別慈善パーティーの唯一のフラメンコダンサーとして出演しました。そこにはドニャ・ソフィア王妃も出席していました。



2005年1月、メトロポル・デ・タラゴナ劇場にて‘Atrapados por el arte’の上演をもって彼女のグループと初舞台を踏みました。その1年後マドリッドの劇場でその作品を再上演しました。2006年2月、ヘレスのフェスティバルで作品群の中の“ロス・ノビシモス”を、また4月にはイタリアのペサロで“ラ・ビエナレ・ダンサ・エ・イタリア”を披露しました。



2008年には、マドリッドの新アポロ劇場にて、ベレン・ロペスが脚本、振り付けを手がけた‘クアンド・アマネセ’を彼女自身が指揮しました。その次の年、ラ・ラティナ劇場での‘ア・ミ・マネラ’には好評を得ました。



2012年、ベレン・ロペスはプラガヘ渡り、その都市とチェコのブルノで初舞台を踏みました。



2013年3月、ベレン・ロペスは、第10回ロンドンフラメンコフェスティバルでヘスー・カメロナ、アントニオ・カナレス、ソル・ピコそしてカルロス・ロドリゲスと共演しました。

長い彼女の経歴の中で、スペインのマドリッド、マドリッドのアルベニス劇場、マドリッドのシルクロ・デ・ベヤス・アルテス、コルドバの偉大な劇場、スマ・フラメンコフェスティバル、ミュンヘンのGasteigシアター、カハ・マドリッドフェスティバル、フラメンコ・パ・トス・フェスティバル、マラガのビエナルなど、数多くの場所で職務を果たしました。



賞:2004年フラメンコ国内での賞“マリオ・マヤ”と、2005年コラル・デ・ラ・パチェカによる新人アーティスト賞。

restaurant

ガトロニクスツアーとタパスの試飲サービス

read more

このサイトはクッキーを使用しています。サイトを閲覧するために継続することで、あなたはクッキーの私達の使用に同意しています。