戻るアーティストへ

flamenco ダンサー

Rober “El Moreno”

マドリッドの若手フラメンコダンサーで、フラメンコの純粋さを維持しながら、自分の踊りを見つけたことが特徴です。 即興演奏は、ステージ上に強さ、強さ、エレガンスを賦課する非常に個人的なスタイルを鼓舞します。 彼の若さにもかかわらず、彼は偉大な芸術家と一緒に広範なパフォーマンスの軌道を持っています。

クリストバル・レイエス、トニー・エル・ペラオ、アントニオ・レイエスなどの著名人によるフラメンコアカデミー「アモール・デ・ディオス」で、6歳でダンスを習得しました。アルフォンソ・ローザ、フアン・マヌエル・フェルナンデス(ファルキート)、ニーノ・デ・ロス・レイエス、ミゲル・カニャス、ホセ・マヤなど、今日まで彼は見習いを続けました。

彼の公演のうち、サラマンカで開催されたカマロン・デ・ラ・イスラへの敬意を表する主なアーティストとしてのパフォーマンスを強調することができます。ある期間中、ティト・ロサダの会社と協力して、マリア・トレドの会社と2年を過ごしました。Menansalbas(トレド)、Plaza Santo Cristo de Veracruz(サン・フアンの頭)、(Festival Yerbabuena (マドリード)、エル・アイアン(モロッコ)、ナショナル・オーディトリアム(プリンシペ・デ・ヴェルガラ、マドリード)、アルカンタラ・コンプレックス(バダホス)、市立スポーツセンター(ナバス・デルレイ、バリャドリッド) 、アロヨモリノス(マドリード)オーディトリアム、カディス宮殿、エル・アラハ(セビリア)、サラ・コペッラ(グラナダ)、ベルギー、ブリュッセル、メリリャ、サラマンカの中央カジノ、 "Magnética"アルバム。

コパマック(グラン・ビア、マドリード)、ガルシア・ロルカ(ヘタフェ、マドリード)、ベラス・アルテス(マドリード)、ラ・ラティーナ(マドリード)、コフィディス・アルカサール(マドリード)プリンシパル・ブルガース(スペイン)、セルバンテス・テアトロ(マラガ、スペイン)、テスタロ・ネスカフェ(サンチャゴ・デ・チリ、チリ)。

カサパトス(マドリード)、カルダモモ(マドリード)、エルトレオ(マドリード)、カンタレス(マドリード)、カンデラ(マドリード)、テネリロ・デ・マラガ(マドリード)、ラ・タウリナ(マドリード)、ラス・タブラス(マドリード)と、現在はタブラオ・フラメンコ・コルソブスでもある。

ステージでのこのすべての経験は、演奏を共有している無数のアーティストによって豊かになりました。 Antonio Ingueta、Parrita、Pedro Jimenez、Antonio El Ciervo、David de Jacoba、Montse Cortes、Guadiana、ElCáncu、LauraAbadía、アントニオ・フェルナンデス、SalvadorBarrúl、Moreno、Los Cherokee、Rafita De Madrid、SarayMuñoz、 Aurora Losada、Pepe el Bocadillo、SaúlQuirós、JacobQuirós、Miguel el Rubioなどがあります。

ギタリスト:Vaky Losada、Jesus de Rosario、David Jimenez、Diego Losada、Tito Losada、Ivan Losada、Joni Jimenez、Aquilino Jimenez、Juan Jimenez、Carlos de Jacoba、Paco Soto、Jose Losada、Amos Lora、そして偉大なピアニストPabloRubénMaldonado 、

ダンサー、ダンサー:Paloma Fantova、BelénLópez、Carmen La Talegona、Irene laSentío、AuxiFernández、Nino de los Reyes、Isaac de los Reyes、Kelian Jimenez、Jose Carmona Rapicoなどがあります。

パーカッショニスト:Luky Losada、El bandolero、SabúPorrina、Antonio Losada、El Chispas、El Guille、Amador Losada、Julio El Indio

“Translation by Google Translate check the original Text in English”

現在で

Young dance talents

このサイトでは、クッキーを使用しています。サイトを参照し続けると、これらの cookie の使用に同意しています