ニュースに戻ります
11月 19, 2018

11月のパロマ・ファントバとミゲル・エル・ルビオ

最高のフラメンコがTablao Flamenco Cordobesのおかげでバルセロナのランブラスに戻ります。 11月には、1970年に設立された歴史的なタブラオが、ダンサー、サラ・バレロ、パロマ・ファントヴァ、ミゲル・エル・ルビオ、歌手マリア・カルモーナなど、国際的な地位を誇るアーティストたちと「ダンスのピナクルでの出会い」を開催します。 Miguel El RubioはAntonioFernández "Farru"のショー 'Los Gnomos del Flamenco'で5歳の時にデビューした。 8歳で、世界で最も重要なフラメンコフェスティバルの1つであるセビリア・ビエンナーレの「Triana Pura」に参加しました。 彼のキャリアを通してPastoraGalván、RicardoMiño、Farruco、Remedios Amaya、RocíoMolinaなどのアーティストと踊りました。 Miguel El Rubioは、フランス、ベルギー、ギリシャ、モロッコ、日本、ノルウェーなどのフェスティバルや劇場でも演奏しています。

11月 19
Tablao Flamenco Cordobes

Paloma Fantova and Sara Barrero

Miguel El Rubioと一緒に、若い時期からフラメンコを感じるカディスで生まれたダンサー(Paloma Fantova)(彼女は4歳でダンスを始め、8歳でTVEの才能コンテストに勝ちます)。 Paloma Fantovaは、日本のマヌエラ・カラスコの振り付けに参加し、ニューヨーク、ワシントン、パリ、ロンドン、カイロなど世界各地の劇場を訪れました。 2011年にはJoaquínCortésのショー「Calé」に参加し、2012年にはTablao Flamenco Cordobesでの活動を自身のショー「Sensibilidades」のプレゼンテーションと交互に行う。 Paloma Fantovaはまた、Tomatitoの作品に参加し、Karl AmayaとPastoraGalvánと共に、Tablao Flamenco Cordobesによって制作された偉大なダンサーカルメン・アマヤとの敬意を表してショーに参加しました。

 

サラ・バレロはバルセロナで16年間プロのキャリアをスタートしたカタルーニャのダンサーで、数年後にはすでに日本のタラオ・エル・フラメンコとして世界中のホールやフェスティバルを訪れました。彼女のキャリアを通して、エヴァ・ラ・イェルバブエナ、マイト・マルティン、ベレン・マヤ、フェルナンド・テレモト、ラファエル・デ・カルメン、マヌエラ・カラスコ、トマティート、フアナマ・アマヤ、ファルキート、ヘスス・カルモナなどの偉大なアーティストとステージを共有しました。彼女はまた、パリ、マルセイユ、ロンドン、東京、プラハ、米国のフラメンコフェスティバルなどの都市でも踊っています。

 

This post is also available in: Español English Català 简体中文 Русский Français Italiano Deutsch 한국어

This post is also available in: Español English Català 简体中文 Русский Français Italiano Deutsch 한국어

あなたも興味がある可能性があり

show

私たちの歴史

read more

このサイトはクッキーを使用しています。サイトを閲覧するために継続することで、あなたはクッキーの私達の使用に同意しています。