戻るアーティストへ

flamenco ダンサー

Amador Rojas

出身地:アマドール·ロハスのすぐ外にセビリア、ロスパラシオスにジプシー一家に生まれた。 研究:7知らマスターファルーコで、彼はダンサーとして彼の訓練を始めた。一家アマドールフラメンコベースを教えている。関心と踊るために必要があるが、彼は彼らの手に落ち、すべての視聴覚材料を食べることができます。

出身地:アマドール·ロハスのすぐ外にセビリア、ロスパラシオスにジプシー一家に生まれた。

研究:7知らマスターファルーコで、彼はダンサーとして彼の訓練を始めた。一家アマドールフラメンコベースを教えている。関心と踊るために必要があるが、彼は彼らの手に落ち、すべての視聴覚材料を食べることができます。

背景:自然と自己による反乱は、12ソロで仕事に取り掛かる。創業以来、それはダンスの非常に特別なビジョンを持って、自分の振り付けを作ることを敢えて。

16時、サルバドールTávorasはショー「カルメン」を持つ企業、「ブロック」に参加するために彼を雇う。あなたが世界を旅し、1998年にサルバドールフェスティバルビエンナーレフラメンコに参加して、5年前からこの会社に滞在、アマドールはモントーヤファミリー、マヌエラ同じ大きフラメンコによって選出されたbaile.Amadorロハスにおける解釈の重要性を学習カラスコとフアナ·アマヤは彼らのショーに参加する。

二十から一、振り付けと、再生し、「ゼルダ」とYurykoヨーダから「マヤの女神」のソロパフォーマンスを踊ります。

アマドール·ロハスは「エヴァペパーミント」彼のショーで、ソリストとして、コミットメントが含まれるショー「4ボイス」、「5人の女性」と「イヴ。」アントニオ·カナーレスとアマドールに介入」の入社ビッグ」「ダンサー」「ベルナルダ·アルバの家」と「手をつないで」。

自分の会社で、「カーロカロは「劇場ビジャマルタヘレス·デ·ラ·フロンテーラ(カディス)で2008年1月に初演され、メキシコの画家フリーダ·カーロユニバーサル、の生活や仕事に基づいた遊びを行った。そしてフェスティバルビエンナーレフラメンコ·デ·セビージャ、2008年に彼はロペ·デ·ベガ劇場で「新人賞」を受賞しました。

2009年3月セビリアの「曼荼羅」の初演では。この番組はフラメンコの儀式で音楽とダンスの魔法を呼び出す、異なる文化のための儀式の曲を保持することを目指しています。同じ年、彼はロスパラシオス賞の彼の故郷の「Venenciaフラメンカ」(Mistela)を受けた。

2009年6月、アマドールは素晴らしい劇場ディレクター、ミゲル·Narrosの注目をキャプチャします。この会議ではNarrosはヒッポリュトスのキャラクターをプレイする「ファイドラ」の彼らの今後のパフォーマンスのためアマドールを発見してください。ロハスは、彼の主人公ロラ·グレコと一緒に機能し、作曲家や歌手エンリケ·モレンテにより数字を解釈します。 「ファイドラ”はスペイン全体に成功したツアーは起動するメリダのローマ劇場、年にリリースされている。

2010年に大きな成功を収めてロサンゼルスで「曼荼羅」を行う。これはアメリカではソリストとしての彼の最初のパフォーマンスで、ゴールデン·リラ音楽を極める賞を受賞しました。 「マンダラ」とは、2010年の夏にスペイン、フランス、ブラジルで提示され、アマドールはアントニオ·カナレスとステージを共有しています。

お祭り:2008のフラメンコビエンナーレ1998ビエンナーレなど

AWARDS:2008年の”新人”ビエンナーレ、賞」賞ザ·Venencia
フラメンカ」2009、ゴールデン·リラ音楽を極める賞2010。

ETUDES: A l’âge de 7 ans, il connut l’illustre Farruco, avec qui il commença sa formation de bailaor. Farruco lui apprit les bases du monde du flamenco. L’intérêt et la nécessité de danser l’amène à dévorer tout le matériel audiovisuel qui lui tombe entre les mains.

PARCOURS: Rebelle de par sa nature et autodidacte, il réussit à travailler en solo dès l’âge de 12 ans. Depuis ses débuts, il possède une vision très particulière de la danse et ose réaliser ses propres chorégraphies.

A l’âge de 17 ans, Salvador Távora l’engagea pour intégrer la compagnie « La Cuadra » au sein du spectacle « Carmen ». Il y resta pendant 5 ans, parcourant le monde et participant à la Biennale de Flamenco de 1998. Aux côtés de Salvador, Amador apprit l’importance de l’interprétation dans la danse. Amador Rojas fut choisi par les grandes figures du flamenco telles que la Famille Montoya, Manuela Carrasco et Juana Amaya pour participer à leurs spectacles.

A l’âge de 21 ans, il chorégraphia, interpréta et dansa en solo au sein des spectacles « Zelda » et « Estatua de Maya » de Yuryko Yoda.

Amador Rojas incorpora la compagnie d’Eva Hierbabuena en intervenant dans les spectacles « A cuatro voces », « 5 mujeres » et « Eva ». Antonio Canales misa sur Amador et l’intégra, en tant que soliste, à ses spectacles « Los Grandes », « Bailaor », « La Casa de Bernarda Alba » et « Mano a Mano ».

Avec sa propre compagnie, il réalisa l’œuvre « Kahlo Caló », basée sur la vie et l’œuvre de la peintre mexicaine reconnue internationalement Frida Kahlo, qui fut présentée en janvier 2008 au Théâtre Villamarta de Jerez de la Frontera (Cadix). Il reçut également le Prix à l’Artiste Révélation lors de la Biennale de Flamenco de 2008 tenue au Théâtre Lope de Vega.

En mars 2009, il présenta « Mandala » à Séville. Avec ce spectacle, il prétendit tenir harmonieusement tout un tas de cérémonies aux différentes cultures, invoquant l’aspect magique de la musique et de la danse via un rituel flamenco. Cette même année, il reçut le Prix « La Venencia Flamenca » (La Mistela) de sa ville natale, Los Palacios.

En juin 2009, Amador capta l’attention du grand directeur de théâtre, Miguel Narros. Lors de cette rencontre, Narros découvrit Amador pour son prochain spectacle « Fedra », où il interpréta le personnage d’Hipólito. Rojas dansa aux côtés de la protagoniste Lola Greco et interpréta des numéros pour le compositeur et cantaor Enrique Morente. « Fedra » fut présentée au Théâtre Romano de Mérida, avant de commencer une tournée à succès sur tout le territoire espagnol.

En 2010, il présenta avec succès « Mandala » à Los Angeles. Il s’agit de sa première fonction en tant que soliste aux Etats-Unis et reçut le Prix « The Golden Lyre Musicianship Award ». « Mandala » fut également présentée en Espagne, en France et au Brésil à l’été 2010 et Amador partagea la scène avec Antonio Canales.

FESTIVALS: Biennale de Flamenco de 1998, Biennale de Flamenco de 2008, etc.

PRIX: Prix à « l’Artiste Révélation » lors de la Biennale de Flamenco de 2008, Prix « La Venencia Flamenca » 2009, Prix « The Golden Lyre Musicianship Award » 2010.

This post is also available in: Español English Català 简体中文 Русский Français Italiano Deutsch 한국어

restaurant

美食ツアー

read more

このサイトでは、クッキーを使用しています。サイトを参照し続けると、これらの cookie の使用に同意しています