戻るアーティストへ

flamenco シンガー

Luisa Muñoz

モンペリエ(フランス)生まれのジプシー歌手Luisa Munozは、非常に身近なカリキュラムを持っています。彼女は彼女のおばあさんAntonia「La Negra」または彼女のいとこのように、ほとんどのアーティストがフラメンコの世界を与えてくれた "Los Montoya" Lole MontoyaとAngelita。

モンペリエ(フランス)生まれのジプシー歌手Luisa Munozは、非常に身近なカリキュラムを持っています。彼女は彼女のおばあさんAntonia「La Negra」または彼女のいとこのように、ほとんどのアーティストがフラメンコの世界を与えてくれた "Los Montoya" Lole MontoyaとAngelita。

フランス生まれでは、マラガは彼女の故郷になり、ダンサーのアントニオ・ヴェロニカの会社に入社することができます。メインの地元クラブ(ピーエフ "フアン・ブレバ" P.F. "ピヤヨ")の要請が早くなり、マラガの主要なクラブ、タブラオ、フェスティバルで、全州での認知度が高まります。

これは、豊富で多才なレパートリー、能力と歌と踊りの両方を持つアーティストです。 "lamalagueña"や "la taranta"のような自由曲であろうと、 "la solea"や "labulería"のようなリズムで歌うにしても、最も厳粛で珍しい側を離れることなく、お祝いの歌を完全に支配する。彼女の家族のルーツは、彼女の研究と歌への献身で完成し、フラメンコの黄金時代に私たちを連れて行くように、すでに広範なレパートリーを増やし、ますます進化してきました。
 
「LaCañetadeMálaga」、「Joséde la Tomasa」、「Tomas Guerrero「La Macanita」、Pepito Vargas、「El Remache」、「Canela de San Roque」、MariPeña、Carmen Ledesmaなどのアーティストとステージを共有しています。他の多くの間で。
 
特に注目すべき点は次のとおりです。
 
- パオロ・セペロ、マリ・ペーニャ、マヌエル・モリーナとオーケストラのラ・パロマ・デ・ベナルマデナ(マラガ)の最後のビエンナーレ「マラガ・アン・フラメンコ」のショー「Raíces」では、
 
- イタリアのミラノ・フラメンコフェスティバルでは、
 
- ニームフラメンコフェスティバル(フランス)では、
 
- フラメンコフェスティバル「Ciudad deMálaga」
 
- フラメンコフェスティバルofリンコンデラヴィクトリア(マラガ)
 
- ビルバオの「Flamenco BBK」サイクルでは、
 
- ビエンナーレ「マラガ・フラメンコ」プログラムのサイクル「フラメンコ・デ・アルトゥーラ」では、
 
- 'エルブルゴ'フェスティバルでは、
 
- TorroxのPeñaFlamenca `La Bodega '
 
ペラ・フラメンカ「フアン・ブレバ」(マラガ)
 
- Casabermeja(マラガ)のPeáFlamenca 'Torre Zambra'。

restaurant

新年ガラディナーとフラメンコパーティー

read more

このサイトはクッキーを使用しています。サイトを閲覧するために継続することで、あなたはクッキーの私達の使用に同意しています。