戻るアーティストへ

flamenco ダンサー

Miguel “El Rubio”

Miguelアンヘル・ラモスはMiguel "El Rubio"として知られています。若いセビリヤのダンサーで、フラメンコ・アートに囲まれて育ち、マノロ・カラコルやラ・ニーニャ・デ・ロス・ペイネスなどの重要なアーティストによって運営されています。

AntonioFernándezMontoya “Farru”. 監督の “Los Gnomos del Flamenco”ショーでわずか5年間でデビューした。そして8歳で、世界で最も重要なフラメンコフェスティバルの1つであるセビリア・ビエンナーレの「Triana Pura」に参加しました。

彼のキャリアを通して、フェルナンデスファミリー、リカルド・ミーノ、ファルコ、ロシオ・モリーナ、レメディオス・アマヤ、パストラ・ガルバン、そして「ラ・アルゼンチン」など、スペインの地理学を旅しました。

彼の過ちのすべての中で我々は強調することができます:
2005年 – Clauitre Nazaire deBézièrs(フランスとスイス)の歌手CurroFernándezとの “Flamenco de Raza”ショーの主役
「エル・オールコ」(アントワープ – ベルギー)の2007年の光景「ディケラ」
2008年 – 「エル・オルコ」(ギリシャ・アテネ)の「ディーケラ」展
2008 – XV Bienal de Flamenco “+ Young + Flamenco”と “Peñasde Guardia” “Young Flamenco”賞を受賞(Alameda Sevillaスペイン劇場)
2010年 – BailaoraRocíoMolina(Cuevas de Nerja-Málaga)との “Danzaora”
2010年 – BailaoraRocióMolina(フランス – カディス)の「Binatica」ショー
2011年 – Bailaora Carmen Ledesmaと歌手Manuel Moreno Maya “El Pele”(マラガ)に伴うCasabermejaのCante Grandeフェスティバル
2011年 – 「やぎり」ジプシー音楽祭(オスロ、ノリエガ)
2011年 – モン・ド・マルサン祭、BailaoraRocióMolina(フランス)の「Danzaora」
2011 – Cantaora EsperanzaFernández(カサブランカ – モロッコ)のフェスティバル “Andalusí”
2011年 – Bailaor “El Oruco”とCantaor JuanJoséAmador Jr.(マドリッド – スペイン)とのCasaパタ –
Paco Taranto、Carmelilla Montoya、Remedios Amaya、JuanJoséAmador(セビリア – スペイン)とのBienal Del Flamenco、 “Triana Toca、Canta、Baila”
2013年 – Bailaora PastoraGalván(Fuerteventura、カナリア諸島、スペイン)
2014年 – 国際フェスティバル「WOMAD」とカンタオラ「ラ・アルゼンチン」(Fuerteventura- Spain)
2015年国際フラメンコフェスティバル、トリビュートパコ・ド・ルシア(日本)

“Translation by Google Translate check the original Text in English”

This post is also available in: Español English Català 简体中文 Русский Français Italiano Deutsch 한국어

見せる

ミゲル・エル・ルビオ、パロマ・ファントバ、カライメ・アマヤ

このサイトでは、クッキーを使用しています。サイトを参照し続けると、これらの cookie の使用に同意しています