戻るアーティストへ

flamenco シンガー

Antonio Luque “Canito”

マラガ生まれのフラメンコへの情熱は、彼の父親から来ています。彼はマラガの子供フラメンコクラブとして頻繁に出演し、そこで演奏したアーティストの声を聞きました。わずか4年で彼はすでにファンダンゴとブレリアを自然に歌いました。

マラガ生まれのフラメンコへの情熱は、彼の父親から来ています。彼はマラガの子供フラメンコクラブとして頻繁に出演し、そこで演奏したアーティストの声を聞きました。わずか4年で彼はすでにファンダンゴとブレリアを自然に歌いました。

12年間、マラガのコンペティションシティ25位で2位、Castañetas(マラガ)のコンペティションで特別賞を受賞しました。 10代の若者として、彼はマラガの多くのフラメンコフェスティバルに参加しました。 17歳で彼はセビージャに行きました。その後のトレーニングのために、ホセ・ガルバンの学校とYolanda LorenzoとMiguel Vargasとのダンスのために歌い始めました。彼はLucíalaPiñona、Trinidad Santiago "La Trini"、Sergio Aranda、Miguel Vargas、Carmen Rios、Cristobal Garciaとして働いていた。彼はLuisa Chicano、Trinidad Santiago、Sergio Arandaに付随する最後の2つのマラガビエンナーレに参加した。セビリアのビエンナーレとエスペランサ・フェルナンデス。ロス・ガロス(セビージャ)、ラ・カーボネラス(マドリード)、カーサ・パタス、エル・フラメンコ(東京)、ロペ・デ・ベガ、テアトロ・フェルナン・ゴメス、

restaurant

ガトロニクスツアーとタパスの試飲サービス

read more

このサイトはクッキーを使用しています。サイトを閲覧するために継続することで、あなたはクッキーの私達の使用に同意しています。