戻るアーティストへ

flamenco ダンサー

Hiniesta Cortés

HiniestaCortésは、セビリアで生まれたアーティストで、若い頃から自分の肌にフラメンコダンスを感じました。

名前:HINIESTACORTÉS

出生地:セビル

HiniestaCortésとして世界中に知られているダンサー、HiniestaLópezCortésは、セビリアで生まれ、若い頃から自分の肌でフラメンコダンスを感じたアーティストです。このダンサーは、ホセ・ガルバン、マリオ・マヤ、マノロ・マリン、クリスティーナ・オヨスのような偉大な人物からトレーニングを受けています。 14歳でスペインの最も重要なタブラオですでに踊っていたが、80年代末にはマリオ・マヤの2代目のダンサーになり、CurroVélez監督の「Fiesta Gitana」でオランダをツアーしたソリストダンサーとして。

1991年には日本を旅し、その後、フェデリコ・ガルシア・ロルカの演劇「イエーマ」の主役の1人でクリスティーナ・オヨスの会社と共演し、その後も「スエニョス・フラメンコス」と「カミノス」スペイン全土やスコットランド、フランスなどの国々で演劇や祭典に出演しているAndalucesのダンス。 1992年、HiniestaCortésはバルセロナオリンピックの開会式で踊りました。

1995年、東京の著名なタブラオであるエル・フラメンコで活動するグループを編成し、その後、日本での芸術活動、セビリアのフラメンコ・ビエンナーレでの演奏、 Almas '、Milagros Mengibar監督。 2000年、セビージャのTeatro de la Maestranzaで行われたプロジェクト「Nuevas Generaciones del Flamenco」のソリストであり、彼女はCristina Hoyosのショー「Arsa y Toma」のダンサーです。

2000年の初めに、HiniestaCortésは自分のグループでオランダをツアーし、マドリッドのTeatro Lope de Vegaでラファエル・アマルゴの会社に招待されました。このダンサーは彼女のグループ「El Baile de Sevilla」をArabe de Paris Institutパリで、2002年にはフランス全土をツアーしています。来年、彼は日本をツアーし、2004年にはショー「Abanicos Bajo el Agua招待されたアーティストDuquendeとNiñoJoseleとのセビージャのBienal de Flamencoにて。このショーで彼は日本とチリをツアーする。


2005年、フラメンコの世界で彼女の偉大なキャリアを続け、セビリアの一般的なフラメンコクラスと同様に、彼女のグループでイタリアとイタリアのツアーを行った。 2005年から2010年の間に、HEREESTAは、ヘレス、セビル、バルセロナ、そして日本を含むスペインと世界の劇場や祭りで演奏を続けています。

近年、フラメンコダンサーは世界のさまざまな地域で彼女の芸術を国民と共有し続けています。

restaurant

ガトロニクスツアーとタパスの試飲サービス

read more

このサイトはクッキーを使用しています。サイトを閲覧するために継続することで、あなたはクッキーの私達の使用に同意しています。