戻るアーティストへ

flamenco ダンサー

José Maya

画家、俳優、作家のジプシーのアーティストの家族の中で生まれました。フラメンコダンサーのフェルナンド・ロメロは、彼の先祖の一人であり、また著名な画家アントニオ・マヤとフラメンコ歌手のガブリエル・モレノと縁続きになりました。

名前:ホセ・ラファエル・マヤ・セラーノ、ホセ・マヤ



誕生:1983年、マドリッド生まれ



家族:画家、俳優、作家のジプシーのアーティストの家族の中で生まれました。フラメンコダンサーのフェルナンド・ロメロは、彼の先祖の一人であり、また著名な画家アントニオ・マヤとフラメンコ歌手のガブリエル・モレノと縁続きになりました。







学歴:アモール・デ・ディオスの偉大な先生たちによって育成されました。またホセは、幼いにもかかわらず偉大な才能を秘めていました。







経歴:9歳のときにフラメンコダンサーとしての彼の道が始まり、アントニオ・カナレス、フアン・ラミレス、ホアキン・グリロそしてエンリケ・モレンテのようなフラメンコとともに、Benefico Flamenco por un Corazonフェスティバルのために、マドリッドのアルベニス劇場のポスターを共有していました。その1年後、スペインのテレビのコンクールに応募し、国内レベルでは優勝者となり、そしてイタリア版では決勝戦にまで進出することとなりました。



1998年、ザルツブルクフェスティバルでは、ゲストとしてペペ・アビチュエラによってコパ・パヴォン賞が与えられました。また同年、ゲストとしてアントニオ・カナレスのショー、ライセスに参加し、また国内チャンネルTVEのLa2のAlgo mas que flamencoとTirititranのテレビ撮影に参加しました。さらに、ゲストとしてローラ・グレコ、ラファエル・アマルゴ、マリア・ビボ、そしてホセ・セラーノと一緒にショー、Al Son Cincoに共演、またブエノスアイレスとフランクフルトで、フラメンコショーAl Andalusに共演しました。



ショーAl Son Cincoに招待されたアーティストは、ローラ・グレコ、ラファエル・アマルゴ、マリア・ビボ、そしてホセ・セラーノで、イタリア全土とリトアニアで上演されました。カルメン・コルテスのRacialはスペイン、ロンドン、ダブリンで上演され、ファルキートと共にグレコ・インコグニトのCarmen y flamencoはジャグラーのフランシス・ブルンに指揮され、フランクフルトのオペラ劇場で初演となりました。Flamenco Al andalusはブエノスアイレスとフランクフルトでは、トロンボ、ジャイロ・バルールが上演し、マドリッドのパティオ・デ・コンデ・ドゥケではエストレーヤ・モレンテが上演しました。Tiempo al tiempoは、ヘラルド・ヌニェス、イスラエル・ガルヴァン、ベレン・マヤ、そしてカルメン・コルテスによってドイツ全土で上演されました。



2000年、マドリッドのアルベニス劇場において、振り付けのコンクールで最優秀フラメンコダンサーとしての賞を獲得しました。さらに、クラシックバレエのアリシア・アロンソの財団からFundacion Autorの奨学金が送られました。これもマドリッド共同体で若いバレエのゲストとして踊りを披露したからです。



2006年、イビサでラファエル・アマルゴと共にフラメンコを封切りし、そして大成功のうちに終わりました。



単独でバルセロナのシウタットベリャ2007フェスティバルのような音楽祭に参加しました。



2007年2月からマドリッドのアルカラ新劇場でフラメンコダンサーのファル、バルヨ、そして製作者ピノ・サグリオッコとともに主役級のショーAl naturalを封切し、大成功をおさめました。彼を前座として招待したアーティストは、世界的にも名の知れたビヨンセ、彼女とはマドリッドとバルセロナで共演し、ビョークとはスペイン全土を共に回りました。



このショーは2008年のヘレスフェスティバルのような様々な場所で上演されました。





2007年10月、祝賀会バイレ・デ・ラ・ロサで踊るために招待されました。それは、モンテカルロのスポーツクラブで開催され、カロリーナとアルベルト・デ・モナコも参加しました。



そのときから今まで彼の道はとまることはなく、国際的なポップ歌手を際立たせるための前座として職務を果たそうとしています。マーク・アンソニーとはヴァリオ・ラ・ペナでスペイン中を共に回りました。また、国内アーティストの第一線で活躍するギト、ラモン・エル・ポルトゥゲス、ハビエル・バロン、ラ・チナ、エストレーヤ・モレンテ、ヘラルド・ヌニェス、カルメン・コルテス、ベレン・マヤ、ケタマ、、、とも一緒に協力しました。



フランスの映画人トニー・ガトゥリフのVertigesリヨンで初演され、フランス、イタリアでも上演されたこのショーの初代ダンサーを務めてほしいとお声がかかりました。



またトマティト六重奏団の一員でもあり、世界で最も重要なすべてのフェスティバルを回っています。



現在、新作のショー、エル・ベレロ・デ・ラス・ロサスを、ゲストとして招待されたローラ・グレコとともに封切りしました。アルカラ・デ・ヘナレスの喜劇の囲い場、マドリッドのアルベニス劇場でも封切されました。



フェスティバル:Benefico Flamenco por un Corazonフェスティバル、ザルツブルクフェスティバル(1998年)、バルセロナのCiutat Vella 2007フェスティバル、2008年ヘレスフェスティバル



賞:1998年ザルツブルクフェスティバルにおいて、ペペ・アビチュエラのゲストとしてコパ・パヴォン賞を獲得。



2000年、マドリッドのアルベニス劇場において、振り付けのコンクールで最優秀フラメンコダンサーとしての賞を獲得。

restaurant

ガトロニクスツアーとタパスの試飲サービス

read more

このサイトはクッキーを使用しています。サイトを閲覧するために継続することで、あなたはクッキーの私達の使用に同意しています。