戻るアーティストへ

flamenco ダンサー

Karime Amaya

彼女の母親の踊りサルヴァヘを用いて教育を受け、メキシコにあるメルセデス・アマヤが管理するアカデミーに通いました。

名前:カリメ・アマヤ



誕生:1985年、メキシコ生まれ



家族:アマヤ家系



学歴:彼女の母親の踊りサルヴァヘを用いて教育を受け、メキシコにあるメルセデス・アマヤが管理するアカデミーに通いました。



経歴:カリメ・アマヤは、世界でも偉大なフラメンコダンサーであり今でも崇拝されているカルメン・アマヤの曽姪です。



ラ・カピターナにおいて、彼女は間違いなくアマヤ家の血をひいています。9歳のころ両親の仲間であるフラメンコダンサーのラ・ウィニーことメルセデス・アマヤ、ギターリストのサンティアゴ・アギラーと初舞台を踏みました。こうして12歳にして彼女の道が切り開かれ、踊り続けることになります。



ニューメキシコの名高い第4回アルブケルケ国際フラメンコフェスティバルに参加しました。



2003年、ニューヨークの第46回El Arts Presenters anual members conferenceに参加し、2004年東京で最も名高いタブラオ、エル・フラメンコを半年間実現することができました。





2004年、パルマ・デ・マヨルカで行われたフラメンコダンサー、アントニオ・カナレスのショーにゲストとして参加し、マドリッドで最も重要なタブラオにも参加しました。



2005年、スペインを旅し、初代フラメンコダンサーのアントニオ・カナレスとともに、パルマ・デ・パヨルカで行われたショー、バイラオールにゲストとして参加しました。また同年、エクアドルのキト・フラメンコフェスティバル2005にロス・ロサダと共演しました。また2005年にはアメリカ合衆国のニューメキシコの国際的フェスティバルにも参加しました。そして、マドリッドにある最も重要な3つのタブラオ、カサ・パタス、ラス・カルボネラス、エル・カルダモモでも、ある一定の期間働きました。



2006年、ショー、フレンテ・ア・フレンテにおいて、ゲストとして、フラメンコダンサーのフアン・デ・フアン、またアナ・サラサーと共に、マドリッド、バルセロナ、セビーヤ、グラナダなどスペインの30以上の都市を巡ることを実現しました。



同年、フランスのモンテ・デ・マルサンのフラメンコアートフェスティバルに招待されました。ここは、ヘラルド・ヌニェスと舞台を共有したところであり、またエル・ピパことアントニオ、ファルコ家族など、多くの方と同じポスターに名を連ねました。



2007年、日本の主要都市を回るツアーが始まりました。



2008年、第10回モンテレイフラメンコアートフェスティバルに参加しました。



2009年の間、ゲストとして、フラメンコダンサーのアントニオ・カナレスとギターリストのエンリケ・デ・メルコーと協力していました。



2011年には、彼女の家族と共にショー、アマヤ・リナヘを封切りました。このショーは、アマヤ家族すべてに敬意を表するものです。



2011年から2012年の間、ジャーナリストであり、ディレクターであり、またポンペウ・ファブラ大学のシナリオライターであるエヴァ・ヴィラのドキュメンタリー、バハリの撮影に、主要な女優として参加しました。



2012年、ヘレスフェスティバルにて彼女のショー、デスデ・ラ・オリーヤを公開しました。このショーは、夜の海辺でソモロストロを思い浮かべながら、また波の動きからインスピレーションを得ています。また大叔母のカルメン・アマヤも同じように踊っていたのを思い出します。



同年、ゲストとして、コスタリカでファルキートのアボレンゴを封切させ、彼と2013年初めまで共演しました。またホアキン・コルテスのショー、ディセン・デ・ミにも参加しました。



2013年、カルメン・アマヤに敬意を表すショー、コン・カルメン・アマヤ・エン・ラ・メモリアにおいて、主要なフラメンコダンサーとして、パストラ・ガルヴァンとパロマ・ファントバとともに出演しました。このショーは、タブラオコルドベス財団とフラメンコ芸術産業アカデミーによって製作され、ヨーロッパやスペインの都市で上演されています。







フェスティバル:アメリカ合衆国のニューメキシコで行われたアルブケルケ国際フェスティバル。そこで2002年、2003年、2004年、2005年、2006年度にはファルキート、マリア・パヘス、イスラエル・ガルヴァンと同じポスターに名を連ねました。

キト・フラメンコフェスティバル2005、フランスのモンテ・デ・マルサン(2007年)での、フラメンコアートフェスティバル。

第10回モンテレイフラメンコアートフェスティバル(2008年)。

ヘレスフェスティバル(2012年)。

restaurant

ガトロニクスツアーとタパスの試飲サービス

read more

このサイトはクッキーを使用しています。サイトを閲覧するために継続することで、あなたはクッキーの私達の使用に同意しています。