フラメンコショー

ヤングダンスの才能2月

から 2月16日 まで 2月28日

切符売場
戻るショーへ
ダンス




Karime Amaya

Karime Amaya is back at Tablao Flamenco Cordobes. Niece-granddaughter of Carmen Amaya and a flamenco dancer of consolidated international prestige, her dance exudes strength and temperament and her art has already dazzled spectators and critics from around the world. Cities like New York, Tokyo, Alburquerque, Quito, New Mexico, Madrid or Mont-de-Marsan are just some of the places that have already fallen at their feet.

Miguel “El Rubio” (the blond)

Bailaor Sevillano, has traveled throughout the Spanish geography participating in many shows, performing with the Fernandez Family, Ricardo Miño, Farruco, Rocio Molina, Remedios Amaya, Pastora Galván, "La Argentina", among others. His participation in the Bienal Del Flamenco in Seville, the show with Pastora Galván, his performance in the International Festival "WOMAD" with the singer "La Argentina" and in the International Flamenco Festival in the tribute to Paco de Lucía in Japan stand out.

Cristina Aguilera

Flamenco dancer with a degree in Spanish dance by the Carmen Amaya Conservatory in Madrid. Her many performances include her participation in the XX edition of the Seville Biennial with her own show "Corazón abierto", at the XX Festival de Jerez with the company of Fuensanta "La Moneta" and the presentation of the show "Granada" with Alba Heredia in the Flamenco Viene del Sur program.

Sara Barrero

Accompanying in February 17th and 18th Sara will re-dazzle us with her art. Sara Barrero, a regular flamenco dancer at Tablao Flamenco Cordobes, has an extensive and valuable trajectory as a flamenco dancer

Agueda Saavedra

One of the youngest flamenco pearls of Málaga: Águeda Saavedra (February 16-17th). Born in Nerja (Málaga), she won the first prize of the Ribarroja del Turia Dance Competition twice in a row, an achievement that earned her a scholarship for the dance company of the famous choreographer Antonio Najarro. Thanks to this, she enters the elite of flamenco dance, collaborating with figures such as Manuel Liñán or Pericet in her shows. Habitual already in the stages of the best tablaos of the Spanish geography, is one of the greatest promises of her generation.
アーティスト
David Cerreduela

有名なギタリスト "エルナニ"の息子で、最も有名なフラメンコアーティストのために演奏しています。スペイン国立バレエ団のギタリストでもあり、数多くのアルバムでコラボレートしています。彼は現在Tablao Flamenco Cordobes Barcelonaで働いています。

Tuto

フラメンコアーティストの家族のバルセロナで生まれた若手ギタリストは、14歳でキャリアをスタートさせました。彼はモンテ・コルテスやファルキートなどの偉人のためにプレーしており、彼のキャリアは止まらないようです。


Sing



Antonio Campos "Bocaillo"

ボン・パストール近郊のバルセロナ生まれ、フラメンコ環境で子供として成長しました。カラメ・アマヤ、スシ、パストラ・ガルバン、ヘスス・カルモナ、アンジェリタ・モントーヤ、グアディアナ、エル・ジュンコ、ファル、パトリシア・ゲレロ、ホセ・マヤ、アルフォンソ・ローザ、マルコス・フラワーのような名前を持つ、タフラオ・フラメンコ・コルドブスでプロのカンタオールとして訓練を受けた。 、オルガ・ペリセットまたはラ・モネタ。 ManuelTañé、Antonio Villar、Rubio de Pruna、el Cocoなどの偉大な歌手の助けを借りて、彼はただの才能を磨いています。

Luis the Granaíno

グラナダ出身のアーティストの家族に生まれ、バルセロナで演奏を始めました。彼の最初のツアーはTuto、IvánAlcalá、Juaquínel Duendeのアゼルバイジャンでした。

彼はAntonio Canales、SarayGarcía、Rafael Amargo、Sala ApoloのBarullo、Farruquitoなどのアーティストと共演しています。彼はまた、カンタータのアルバムの録音でデュケンデと共演した。

彼は純粋でジプシーなスタイルを持ち、Soleá、Seguiriya、Fandangoのスペシャリストです。

Juanjo de Nayeli

Juanjo de Nayeli(タラゴナのカンタオール)は、アンダルシアのルーツではあるが、カタルーニャの主要フラメンコクラブでわずか15年間で、最高のアーティストと仕事をするためにバルセロナに移るまでデビューした。

Fabiola

FabiolaPérezRodríguezは1982年5月25日に生まれ、小さなフェスティバルやクラブで、さまざまなタブラで歌い始めました。彼女はCristina Hoyos、Antonio Canales、Farruquito Companyなどで働いていました。
38/5000 Traducir del: español 2月のJóvenesTalentos del Baile

restaurant

新年ガラディナーとフラメンコパーティー

read more

このサイトはクッキーを使用しています。サイトを閲覧するために継続することで、あなたはクッキーの私達の使用に同意しています。