戻るアーティストへ

flamenco ギタリスト

Manuel Cazas

エルヴァス(Cáceres)生まれのマヌエル・カザスは、16歳のギタリストの世界に入り、ギタリストよりも遅れて、最初から自分自身を教えなければなりませんでした。それはすぐに彼の情熱となり、彼はマドリードに移り、プロの世界に入り、LaSoleáでRancapino、Pansequito、Cancanilla、Luis el Zamboなどのアーティストに同行するようになりました。

エルヴァス(Cáceres)生まれのマヌエル・カザスは、16歳のギタリストの世界に入り、ギタリストよりも遅れて、最初から自分自身を教えなければなりませんでした。それはすぐに彼の情熱となり、彼はマドリードに移り、プロの世界に入り、LaSoleáでRancapino、Pansequito、Cancanilla、Luis el Zamboなどのアーティストに同行するようになりました。

しばらくすると、アモール・デ・ディオスの学校のおかげで、ダンスのギタリストとしての最初の舞台で、ラファエル・デ・カルメン、ペペ・トーレス、ラマルケス・フローレス、オスカー・デ・ロス・レイエス、フアン・デ・ロス・レイエス、ダニ・ナバロ、サレイ・デ・ロス・レイエス、クラウディア・クルス、カルロス・ルイス、 El Barullo、La Moneta、Manuel Reyes、Jairo Barrullなどがあります。

マヌエル・カザスは、ギター・プレイヤーとしての仕事のほかに、ロシオ・モリーナの "Entre paredes"、ロシオ・モリーナの "Turquesa como ellimón"、マリエ・エスメラルダの "Mujeres" 、ロシオ・モリーナとベレン・マヤ、そしてマヌエル・リニャン、ベレン・ロペス、パストラ・ガルバンとの「ドド・カンビア」。

マヌエル・カザスのギター・プレイヤーとしての豊富な経験とその多様性は、マドリードの東京・カサ・パタスのエル・フラメンコ・タブラオやマドリードのコラール・デ・ラ・モレリアなど世界のフラメンコシーンの最も重要なステージの扉を開いた。セビリアのロス・ガロスとバルセロナのタブラオ・フラメンコ・コルドブス。セビリアのビエンナーレ、モン・ダ・マルサン・フラメンコ・フェスティバル、カンテ・デ・ラス・ミナス・インターナショナル・フェスティバル、ブエノスアイレス・ビエンナーレ、エル・グレック、アルバカーキ・フラメンコ・フェスティバルなど、世界で最も重要なフラメンコ・フェスティバルにも出演しています。アメリカ、中国、日本、スウェーデン、フランス、イングランド、トルコ、台湾、レバノンなど世界各地の劇場を訪れます。

最近、フラメンコ音楽のイノベーションとしてキロフォンを紹介する新しいグループ、フラメンコバイブラを始めました。イタリアのフランコ・ビアンコはその背後にあるミュージシャンです。パーカッショニスト、ホセ・モンタニャと一緒に。カナリア諸島のベーシストPaco Perera、マドリードの歌手Roberto Lorente、ギターのマヌエル・カザス。彼らのレパートリーは、グラナイーナ、タンギロー、ブレリア、いくつかのジャズフラメンコの融合で構成されています。

restaurant

新年ガラディナーとフラメンコパーティー

read more

このサイトはクッキーを使用しています。サイトを閲覧するために継続することで、あなたはクッキーの私達の使用に同意しています。